のりもの絵本

小鉄への扉を開いたコドモエ「でんしゃのずかん」

でんしゃのずかん

すべてはこの絵本からはじまった

この本は、チビ達が小鉄になるきっかけだったと言っても過言ではない1冊。
実はボロボロのバラバラになってしまったので、2冊めです(なので、写真は綺麗なのです)。

この本との最初の出会いは本屋さんではなく、定期購読している kodomoeに、ふろくとしてうすーい(でも、内容は同じ)絵本がついてきたことから。
ことばの遅かったふたり、膝の上に乗って次々に指差しては熱心位眺めていました。

はじめは花形の新幹線から始まるので、そのせいで新幹線マニアになったのかもしれません。
シンプルな線で描かれた電車の絵はイマドキで可愛らしく、かあさんもデザインがすっかり気に入りました。

スマイルゼミ